パラスポーツを未来ある子供たちに広めたい‼

スポーツ・パラリンピック

5月13日 公明党 参議院議員の新妻ひできさんに

脳性まひの田中康陽君と康陽君のお母さんが、『パラスポーツを未来ある子供たちに広めたい』と訴えました。

現在康陽くんは西部特別支援学校高等部に通っています。

陸上部に所属していて、補装具である自分の車いすを使って陸上をしています。

本来なら、陸上競技用車イスを使うところですが、学校も田中さんも

なかなか手が出せません。

6年に1度市に申請すれば1割負担で買うこともできますが、軽くて良いものは

買いたくても許可が下りません。

浜松にも、東京2020パラリンピックで活躍が期待される、テニスの田中愛美選手の車いすを提供している、

マグネシウムで超軽量の車イスを作る橋本エンジニアという会社が

存在するのですが・・・

市民に対して何か公的補助はできないか

などを新妻ひでき参議院議員は終始真剣に

話を聞いてくれ「分かりました。歩み寄りできないか調べてお返事します。」

と言ってくれました。

*新妻ひでき*
1970年生まれ埼玉県越谷市生まれ48歳
麻布高校、東京大学工学部を経て、
同大学院修士課程(航空宇宙工学専攻)終了(ラグビー部で活躍)
川崎重工業株式会社勤務(2012年4月まで)
国家資格:技術士(航空・宇宙部門、総合技術管理部門)
2013年7月 参議院議員初当選
文部科学大臣政務官(兼内閣府大臣政務官・復興大臣政務官)を歴任
党国際局次長、党文化局次長
家族:妻
名古屋市中区在住

コメント

タイトルとURLをコピーしました