「浜松市立上島小学校 車椅子マラソン・ブラジルパラリンピック選手団の全校集会で ウエルカム!」

スポーツ・パラリンピック

42.195キロを平均時速30キロ、1時間半弱で走り抜ける車イスマラソン。
11月18日に開かれた第38回大分国際車いすマラソン大会は、パラリンピックの金メダリストを含む国内外のトップ選手が100人が最高峰のレースだ。障がい者スポーツの中でもトップクラスのスピードと駆け引きを駆使して戦われる戦いに選手たちは挑みました。

5日前の11月13日、上島小学校体育館で子どもたちの溢れる笑顔と大声援を背に、大分へと旅立った選手たちでした。

通訳のはままつ心のバリアフリーメンバーの宮本アイラさん、お疲れ様です!
GOOD JOB

コメント

タイトルとURLをコピーしました